女性の頭頂部の薄毛は髪の栄養不足で起こる?対処法も一緒に解説!

「髪の栄養不足」による女性の頭頂部の薄毛について解説!

古来より、日本女性は美しい髪に強い関心を持ってきました。

ツヤツヤで綺麗な髪は女性にとっての憧れでもあるでしょう。

ところが、その気持ちとは裏腹に、近年では頭頂部の薄毛に悩まれている女性が増加しています。

そんな症状の背景には、どうやら髪の毛の栄養不足が隠れているようです。

今回は、栄養不足によって頭頂部が薄毛になる原因と、その対処法について解説します。

そもそも髪に必要な栄養って何?

そもそも、髪に必要な栄養素とはいったいどのようなものを指すのでしょうか?

髪が成長する上で欠かすことができない栄養素は、以下の3つです。

  • タンパク質
  • ビタミン
  • ミネラル

以上の3つのうち、どれが不足していても頭頂部の薄毛を引き起こす原因となります。

では、3種類の栄養がどのように髪の成長に関係しているのか、それぞれ詳しくご説明しましょう。

タンパク質

まずは、タンパク質についてです。

タンパク質は、太く強い髪の毛を作るために欠かせない栄養素。

これは、タンパク質が髪の毛の主成分である「ケラチン」の元となるためです。

髪の7割はケラチンが占めており、これが不足すると髪を作り出すことができなくなってしまうのです。

また、ケラチンの不足は髪の毛がやせ細る原因にもなります。

女性の薄毛症状に多い、髪全体のボリュームダウンは、1本1本の髪がやせ細ってい引き起こされるものです。

髪が痩せると切れ毛や枝毛、頭頂部の薄毛症状が起きやすくなります。

タンパク質は髪の毛にとってかなり大切な成分なんですよ。

ビタミン

髪の毛に必要な栄養素の2つ目は、ビタミンです。

ビタミンにはさまざまな種類がありますが、特に以下の6つが髪の毛には必要な栄養だと言われています。

  • ビタミンA
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビオチン
  • ビタミンC
  • ビタミンE

このうち、ビタミンB2、B6、ビオチンはビタミンB群に分類されます。

しかしビタミンは、タンパク質のように直接的に髪の成分になるわけではありません。

ではなぜ髪の成長に必要なのかというと、頭皮環境を整える効果があるためです。

頭皮環境が悪くなり毛穴が詰まってしまうと、髪の成長にも悪影響を与えてしまいます。

そこで役に立つのが、上記のビタミン類。

これらのビタミンには、頭皮の血行促進や皮脂の過剰分泌を抑制する作用などがあるのです。

とくに、ビタミンB群には髪の成長に携わっている毛母細胞を修復し働きを活性化させる作用があるので積極的に摂取したいですね。

ミネラル

最後に、ミネラルについてです。

ミネラルも、ビタミンと同じく髪を構成する成分になるわけではありません。

しかし、ミネラルはタンパク質を合成してケラチンに変換する働きがあるため、髪の毛を作るためには必須。

じつは、タンパク質のみ摂っていても、体内でアミノ酸に分解されてエネルギー源として使われてしまいます。

髪の主成分であるケラチンにするためには、タンパク質が分解してできたアミノ酸を再合成する必要があるのです。

その働きを担っているのが、ミネラルの一種「亜鉛」なのです。

健康な髪の毛を作り上げるためには、タンパク質と同時にミネラルもしっかりと摂っておかなければなりません。

また、女性の薄毛の原因として血行不良が挙げられることも多く、その1つに「鉄分」の不足による貧血症状があります。

鉄分もミネラルの一種ですから、貧血にお悩みの女性は意識して摂るようにした方が良いでしょう。

女性の頭頂部の薄毛の原因「髪の栄養不足」が起こる2つの理由

3つの栄養素の不足が原因で、頭頂部の薄毛症状が起きている女性は少なくありません。

このような栄養不足が起きる背景には、主に以下の2つが理由として挙げられます。

  • 食生活の乱れ
  • 血行不良

では、これらの理由について詳しくご説明しましょう。

食生活が乱れているから

1つ目は、食生活の乱れが原因となっている場合です。

女性は男性に比べて美意識が高い傾向にあり、ストイックなダイエットに励む方も少なくありません。

その結果、無理な食事制限をしてしまうことも…。

しかし、食事制限をすると自然と食べる量や品数が減るため、栄養不足が起きやすくなってしまいます

また、女性の社会進出化により、家事や育児だけでなく仕事に追われている女性も少なくありません。

そのような状況下では、ついつい食事を疎かにしてしまい栄養不足に陥っているというケースもあります。

すると、自分では気づかないうちに髪の毛がやせ細り、だんだんと薄毛になってしまいますよ。

血行不良だから

2つ目は、血行不良が原因となっている場合です。

血液には、髪の毛の根元にある毛乳頭まで、栄養素を届ける働きがあります。

毛乳頭が受け取った栄養素は、毛母細胞に送られます。

毛母細胞はその栄養素を使って細胞分裂を繰り返し、髪の成長させるのです。

では、血行が悪くなるとどうなるでしょうか?

血行が悪いということは、それだけ流れる血液の量や勢いも減少してしまいます。

すると、血液とともに運ばれるはずの栄養素ももちろん減少してしまいますね。

その結果、髪の成長に必要な栄養素が不足してしまうのです。

特に食事には気をつけているのに、薄毛に悩まされるという女性は血行不良の可能性が高いでしょう。

食べ物やサプリメントによる女性の頭頂部の薄毛の対処法

ではここからは、栄養不足で引き起こされた頭頂部の薄毛の対処法をご紹介します。

まずは、食生活の乱れている方に向けた対策から解説しましょう。

頭頂部が薄毛になるほど食生活が乱れている女性の場合、まずは正しく食事を摂るように意識する必要があります。

積極的に摂りたい食べ物や、おすすめのサプリをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

摂取すべき食べ物

まずは、摂取すべき食べ物を見ていきましょう。

先ほども述べたとおり、髪の成長には「タンパク質」「ビタミン」「ミネラル」が欠かせません。

頭頂部の薄毛の原因が栄養不足にある場合、これらの栄養素をしっかり摂ることで改善効果が期待できます。

それぞれの栄養別に分けて豊富に含んでいる食材をご紹介するので、食事を作る際に参考にしてみてくださいね。

タンパク質

1つ目は、タンパク質です。

女性のタンパク質摂取量の目安は50~55g/日と言われています。

そして以下がタンパク質が豊富に含まれている食材です。

食品名 含有量(100gあたり)単位:g
イワシ(丸干し) 32.8
鶏ささみ 23.0
納豆 16.5
卵黄 16.5
卵白 11.3

以上のように、タンパク質は主に動物性の食材に豊富に含まれています。

とくに、鶏ささみは高タンパクかつ低カロリーのため、ダイエット中の女性にもおすすめの食材です。

鶏ささみを使ったおすすめレシピは、ささみのしぐれ煮です。

酒・醤油・みりん・砂糖・水・刻み生姜で煮込むだけの簡単調理で、タンパク質の摂取と生姜による血行促進効果が期待できますよ。

ビタミン

2つ目は、ビタミンです。

成人女性のビタミン摂取量の目安は、先ほどご紹介した6種類ごとに異なります。

では、それぞれの摂取量の目安と、豊富に含まれている食材を見てみましょう。

【ビタミンA】(推奨量:650~700μg)

食品名 含有量(100gあたり)単位:μg
鶏レバー 14,000
豚レバー 13,000
卵黄 480

【ビタミンB2】(推奨量:1.1~1.2mg)

食品名 含有量(100gあたり)単位:mg
豚レバー 3.60
納豆 0.56
卵黄 0.52

【ビタミンB6】(推奨量:1.2mg)

食品名 含有量(100gあたり)単位:mg
にんにく 1.50
鶏ささみ 0.60
牛レバー 0.89

【ビオチン】(推奨量:50μg)

食品名 含有量(100gあたり)単位:μg
あさり 22.7
バターピーナッツ 95.6
卵黄 65.0

【ビタミンC】(推奨量:100mg)

食品名 含有量(100gあたり)単位:mg
アセロラジュース 120
焼き海苔 210
赤ピーマン 170

【ビタミンE】(推奨量:6.0mg)

食品名 含有量(100gあたり)単位:mg
めんたいこ 6.5
モロヘイヤ 6.5
卵黄 3.4

以上、全6種類のビタミンについてご紹介しました。

上記の表にある食品は、比較的普段の食材として使いやすいものを選んでいます。

なかでもおすすめの食材が、さまざまな栄養素を含む「卵黄」です。

簡単かつ栄養価も高いのは、ゆで卵です。

サラダにそのまま入れても、めんつゆに漬けて味付け卵にして食べても美味しいですよ。

ただし、卵黄にはビタミンCが含まれていないため、その分はアセロラジュースを飲むなど他の物で摂取するようにしましょう。

ミネラル

3つ目は、ミネラルです。

ミネラルは、「有害ミネラル」と「必須ミネラル」の2つに分けられます。

このうち、髪の栄養に必要なのは必須ミネラルで、なかでも「亜鉛」「ヨウ素」は欠かせない成分です。

こちらも、成人女性に必要な摂取量と含有量が多い食材をご紹介します。

【亜鉛】(推奨量:8mg 上限:35mg)

食品名 含有量(100gあたり)単位:mg
生牡蠣 13.2
卵黄 4.2
ローストビーフ 4.1

【ヨウ素】(推奨量:130μg 上限:1100μg)

食品名 含有量(100gあたり)単位:μg
きざみこんぶ 230000
焼き海苔 2100
卵黄 50

亜鉛とヨウ素の摂取におすすめのレシピが、牡蠣フライです。

フライであれば衣に卵を使うので、亜鉛もヨウ素もいっぺんにとることができますよ。

ただし1点注意したいのが、亜鉛もヨウ素も過剰摂取による体調不良を引き起こす可能性があることです。

亜鉛の過剰摂取は、吐き気や下痢などの原因になります。

ヨウ素は、甲状腺機能に障害が出るなど、重篤な症状へつながる可能性もあります。

もしも甲状腺機能に不安がある場合や障害がある場合には、摂取量について医師に相談しておきましょう。

サプリ

頭頂部の薄毛を予防するためには、以上の栄養素をしっかりと摂る必要があります。

とはいえ、忙しくて栄養バランスにまで手が回らないとお悩みの女性もいるでしょう。

そんな女性には、育毛サプリメントがおすすめです。

以下に、女性向けの育毛サプリメントを3点ご紹介するので、サプリ選びの参考にしてくださいね。

イクモア

1つ目にご紹介する女性向けサプリは、「イクモア」です。

イクモアは、美容内科医・発毛診療医が監修した女性用育毛サプリ。

サプリの内容量と価格は、以下のとおりです。

内容量 【30日分】90粒
【90日分】270粒
価格 単体購入 【30日分】7,470円(税抜)
【90日分】16,200円(税抜)
定期購入 【30日分】1回目:3,980円 2回目以降:5,976円(税抜)
【90日分】1回目:5,980円 2回目以降:12,549円(税抜)

イクモアに配合されている成分のうち、頭頂部の薄毛に悩む女性に特に嬉しい成分が以下の4つです。

  • 大豆イソフラボン
  • 亜鉛
  • ケラチン
  • ヒハツ

大豆イソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをする成分です。

加齢に伴い減少していく女性ホルモンを補い、抜け毛を予防する効果が期待できます。

亜鉛は前述のとおり髪の成長をサポートする栄養素で、ケラチンは髪の主成分でもあります。

ヒハツは、血行を促進する働きがあることから、冷え性にお悩みの女性にもぴったりな成分。

栄養不足による薄毛はもちろん、加齢や冷え性による頭頂部の薄毛にお悩みの女性にもおすすめのサプリメントですよ。

公式サイトはこちら

マイナチュレサプリ

2つ目にご紹介する女性向け育毛サプリは、マイナチュレシリーズのサプリメントです。

マイナチュレのサプリは、「シナジー」と「オールインワン」2種類が発売されています。

上記のうち、栄養不足による頭頂部の薄毛症状がある女性には、「オールインワン」がおすすめです。

オールインワンの基本情報は、以下のとおりです。

内容量 90粒
価格 単体購入 6,623円(税別・送料750円)
定期購入 5,795円(税別・送料無料)

オールインワンには配合成分が豊富に含まれていますが、今回特にご紹介したいのが以下の3つ。

  • シスチン
  • 植物酵素エキス
  • ビタミンC

シスチンは、ケラチンのもととなるアミノ酸成分で、髪の毛の成長に必要な栄養素です。

では、植物酵素エキスとはなにかというと、植物を発酵させてから栄養素を凝縮したエキスのことです。

植物天然由来成分の数は109種にも上り、普段の食事では摂りきれない「ビタミン」「ミネラル」「カルシウム」を効率よく摂取することができます。

また、このほかにも「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」など美容に嬉しい成分が配合されています。

頭頂部の薄毛以外にも、女性の美を多角的にサポートしてくれますよ。

公式サイトはこちら

ブラックサプリEX

3つ目の女性向け育毛サプリは、「 ブラックサプリEX」です。

リピート率は84%を誇る、人気の高いサプリメントです。

こちらの基本情報は、以下をご覧ください。

内容量 【1ヶ月分】90粒
【3ヶ月分】270粒
価格 単体購入 【1ヶ月分】5,540円(税抜)
【3ヶ月分】13,150円(税抜)
定期購入 【1ヶ月分】1回目:3,980円 2回目以降:4,980円(税抜)
【3ヶ月分】1回目:5,980円 2回目以降:11,830円(税抜)

こちらのサプリは、頭頂部の薄毛改善だけでなく、黒々とした健康的な髪に近付けるための成分が配合されています。

  • アルギン酸
  • 黒ゴマセサミ
  • オルニチン

アルギン酸は、ワカメなどの海藻類に含まれていて、粘り気があるのが特徴の成分です。

白髪染めなどにも配合されており、保湿力の高さで髪を乾燥から守る効果が期待できます。

一方、黒ゴマセサミには「アントシアニン」という色素が含まれており、髪の色素であるメラニンの減少を防ぎます。

オルニチンはシジミに豊富に含まれている成分で、肝臓の働きをサポートする効果があることでも知られていますね。

肝臓はタンパク質を合成する器官のため、間接的に育毛ケアの効果が得られるのです。

頭頂部の薄毛改善とともに、ハリやコシのある黒髪に近づけたい女性は、こちらのサプリを試してみてはいかがでしょうか?

公式サイトはこちら

血行促進による女性の頭頂部の薄毛の対処法

ここまでは、栄養不足による女性の頭頂部の薄毛の対処法をご紹介しました。

続いて、ここからは血行不良が原因で頭頂部が薄毛になっている場合の対処法をご紹介します。

全部で4つあるので、取り組めそうな方法から実践してみてくださいね。

睡眠時間や質を見直す

1つ目の頭頂部の薄毛の対処法は、睡眠時間や質の見直しです。

睡眠時には、髪の毛の成長を促す「成長ホルモン」が分泌されます。

成長ホルモンの量が減少すると、タンパク質の合成が止まり、髪の成長が滞ります。

その結果、髪の毛は徐々にやせ細り毛穴から抜け落ちて、頭頂部の薄毛に繋がるのです。

では、成長ホルモンの量が減少する原因はなにかというと、慢性的な睡眠不足や質の低下です。

適した睡眠時間は人により異なりますが、6時間を切ると睡眠不足だと言われています。

そのため、頭頂部の薄毛に悩まされているのであれば6時間以上は睡眠をとるようにしましょう。

また、眠る直前までブルーライトを目にしていると、睡眠の質が低下すると言われています。

寝る1~2時間前からはスマホやパソコンの使用を控え、目と脳を休ませて睡眠の質を向上するようにしましょう。

ストレスを発散する

2つ目の頭頂部の薄毛の対処法は、ストレスの発散です。

ストレスの蓄積は、自律神経の乱れを引き起こします。

自律神経が乱れると頭皮の皮脂が過剰分泌されて、毛穴詰まりの原因となります。

毛穴が詰まると髪の成長に悪影響を及ぼすため、その状態が長引くと頭頂部の薄毛の原因になるのです。

頭頂部の薄毛を防ぐためには、ストレスが溜まる前に適度に発散することが大切。

ストレスの発散方法としては、趣味を楽しんだり運動をしたり、自分に合うものを選びましょう。

また、音楽を聴いたりアロマを焚いたり、リラックスできる時間を作ることも大切ですよ。

適度に運動する

3つ目の頭頂部の薄毛の対処法は、適度な運動です。

運動不足は、全身の血流が悪くなり頭皮の血行不良の原因となります。

血行不良による頭頂部の薄毛を防ぐためには、普段から適度な運動を心がけるようにしましょう。

とくに、食事制限だけでダイエットをしている女性は、運動を取り入れて食生活の見直しをすることも必要です。

普段から運動不足の方は、まずは軽いウォーキングなどから始めることをおすすめします。

とはいえ、仕事や家庭が忙しくて、外での運動は難しいという女性の方も少なくないでしょう。

その場合には踏み台昇降やストレッチなど、家でできる運動を取りいれると、薄毛の改善に効果的ですよ。

頭皮マッサージをする

最後は、頭皮マッサージです。

頭皮マッサージは、頭皮の血行を促進して育毛を促す効果が期待できます。

マッサージは、指の腹か専用ブラシを使って行っていきます。

指でマッサージをする場合には、爪で頭皮を傷つけないように注意しましょう。

マッサージは、前頭部→頭頂部→側頭部→後頭部の順番に行うのが効果的。

この順番と刺激する力加減を意識して、毎日のケアとしてマッサージを取り入れてみてくださいね。

これは頭頂部の薄毛だけでなく、髪のハリやコシが失われボリュームがダウンしているとお悩みの女性にもおすすめですよ。

髪の栄養不足を解決して女性の頭頂部の薄毛を治そう!

今回は、女性に多い頭頂部の薄毛の原因と対処法をご紹介しました。

頭頂部の薄毛は、髪全体のスタイルを変えてしまうこともあり、女性にとっては大きな悩みの種ですよね。

頭頂部の薄毛に気がついたら、思い悩む前に早めに対処しましょう。

また、今回ご紹介した対策は、頭頂部以外の薄毛に悩んでいる方にとっても効果的です。

ぜひ参考にしながら、日々の生活習慣を見直すようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です