抜け毛の原因と対策|女性と男性に違いはあるの?

抜け毛がひどい…どうすればいいの?

シャンプーをした時や、髪の毛を乾かした時、朝起きた時の枕元。

気付いた時に増えているのが、抜け毛です。

男性女性ともに起こる可能性がある抜け毛という症状は、なにが原因で起こるのでしょうか。

誰でも毎日一定量の抜け毛はあるので、中には自覚がない人もいるかもしれません。

しかし、抜け毛の原因によっては放っておくとどんどん症状が悪化することも…。

そこで今回は、抜け毛の原因と対策について徹底解説していきます。

男性と女性では抜け毛の原因が違う!?

まず最初に、抜け毛と一言でいっても原因は1つではありません

男性女性それぞれに、性別特有の抜け毛も存在します。

もちろん、男女ともに共通の原因もあります。

どちらにせよ、適切に抜け毛を対策するなら、まずは正しく抜け毛の原因を知ることが大切です。

そのため、ここからは下記の3つのパターンにわけて抜け毛の原因と対策をご紹介!

  1. 女性特有の抜け毛
  2. 男性特有の抜け毛
  3. 男女共通の抜け毛

自分の抜け毛がどの種類に当てはまるか、チェックしてみましょう。

女性特有の抜け毛の種類と原因

まずは、女性特有の抜け毛の種類と原因をご紹介します。

女性の抜け毛はさまざまな要因が重なっており、コレが原因!と特定することが難しいと言われています。

一説にはホルモンバランスや精神的負担など、内面の問題が抜け毛という症状として現れることが多いとされていますね。

まずはどのような抜け毛の種類があるのかを、原因と合わせてチェックしてみましょう。

びまん性脱毛症

「びまん」とは「広範囲に広がる」など、一部ではなく広い範囲を指す言葉。

びまん性脱毛症とは、その言葉のとおり髪の毛全体のボリュームが減る女性の脱毛症状の総称です。

男性の抜け毛のように、生え際や頭頂部など局所的に抜けることはありません。

薄毛の部分の境界線は特になく、分け目が目立つ、全体のボリューム不足など、全体的な症状が目立つという特徴があります。

びまん性脱毛症に分類される抜け毛の原因は、大きく2つに分かれるとされています。

下記で詳しくチェックしてみましょう。

FAGA

1つ目の原因は、FAGAを発症しているケースです。

FAGA(女性男性型脱毛症)とは、男性の薄毛に多いAGAの女性版の脱毛症のこと。

男性に多いAGAとは、男性ホルモンの一種DHTがヘアサイクルを乱し局所的に薄毛になる脱毛症です。

一方、FAGAはDHTという特殊な男性ホルモンが影響しているわけではありません。

女性の場合は、女性ホルモンの分泌量が減少し、体内にある男性ホルモンの働きを抑制できず、抜け毛や薄毛が進行するのです。

女性ホルモンは完全になくならないので、男性のように局所的にハゲあがることはありません。

髪の毛1本ずつが細く弱くなり、頭部全体のボリューム不足、分け目が目立つとなどの症状が出るのが特徴です。

FAGAは、女性ホルモンの分泌量が少なくなる40代以降に多く発症するとされています。

ただ、最近では生活習慣の乱れから、若い女性でも発症するケースも多くなっているようです。

休止期脱毛症

2つ目の原因は、休止期脱毛症である可能性です。

髪の毛には「成長期」、髪の毛の成長が止まる「退行期」、抜ける準備をする「休止期」というヘアサイクルがあります。

成長期は約2~6年、退行期は2〜3週間、休止期は2〜3ヶ月程かかり、髪1本1本でサイクルが異なります。

通常であれば、髪の毛全体で抜けても良い「休止期」の髪は10~15%程、成長中の髪は80〜90%の割合と言われています。

この10〜15%ある、休止期の髪の毛が抜ける分には何の問題もありません。

しかし、何かしらの要因がきっかけとなり、本来成長期のはずの髪の毛が休止期になり抜けてしまうことが休止期脱毛症なのです。

FAGAの場合は、髪を育てる女性ホルモンが減少するため、抜け毛も細く軟化しているものが多いという特徴があります。

一方休止期脱毛症は、本来成長途中にある髪が抜けているので、太く健康的な抜け毛が多くなります。

また、FAGAのように1本ずつ細くなり、徐々にボリュームが減っているわけではないので、急にスカスカになったという印象を受けるかもしれません。

成長期の髪が休止期になってしまう要因は、ストレスや生活習慣の乱れが関係していると考えられています。

分娩後脱毛症

分娩後脱毛症とは、その名のとおり出産後に抜け毛が増える脱毛症です。

産後に抜け毛が増える大きな原因は、女性ホルモンバランスの変化です。

2種類ある女性ホルモンの分泌量は、通常2週間ごとに交互に優位になるものですが、妊娠中はそれぞれ活発に分泌されています。

髪の毛の成長に関わるエストロゲンも、常に多く分泌されている状態なので、本来抜けるはずの髪も妊娠中は維持されているのです。

しかし、産後は一気にホルモンの分泌量が減少。

ホルモンバランの変化と、妊娠中抜けるはずだった毛が一気に抜け落ちて大量に毛が抜けたように感じるのです。

また、産後は睡眠不足や慣れない育児でのストレスも加わるため、よりいっそう抜け毛が増えやすい時期でもあります。

一般的に、産後2〜3ヶ月もすればホルモンバランスは安定すると言われます。

ただ、育児による不規則な生活はしばらく続くため、産後の抜け毛がなかなかおさまらないケースもあるようです。

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症とは、名前のとおり髪の毛を引っ張った状態が続くと起こる抜け毛です。

上記でご紹介した2つの脱毛症と異なり、「物理的な刺激」が原因となる症状ですね。

例えば下記のような方は、牽引性脱毛症になりやすいと言われています。

  • ポニーテールなどきつく髪を引っ張る状態が続く髪型を毎日している
  • 分け目が常に同じ
  • 長期的にエクステをつけている
  • アイロンなどで頻繁にかみの毛を引っ張る

上記のような状態が続くと、引っ張られている刺激が頭皮のダメージとなり血行不良を招きます

血行が悪くなると頭皮環境が悪くなり、髪への栄養供給も滞るので抜け毛が増えてしまうんですね。

分け目の部分や、引っ張られている生え際の薄毛、よく結んでいる部分の切れ毛などが増えるといった特徴があります。

ヘアアレンジを多く行う女性に多いとされていますが、最近はアイロンなどを頻繁に使う男性でもなると言われていますよ。

女性の抜け毛の対策

ホルモンバランスが大きく影響する女性には、特有の脱毛症がいくつかあることが分かりましたね。

では、具体的にどのように対策をしていけばいいのでしょうか。

下記で女性の抜け毛対策をチェックしましょう。

びまん性脱毛症の対策

まずは、びまん性脱毛症の対策方法をご紹介します。

ホルモンバランスが関係すると考えられるため、多くの場合生活習慣の見直しが有効な対策だと言われています。

生活習慣の具体的な対策方法は、また後の項目で詳しく紹介していくので、この項目では他の対策を2つ挙げます。

女性用育毛剤を使う

1つ目の対策が、女性用育毛剤を使ったセルフケアです。

「育毛剤」というと、男性が使うようなイメージがありますよね。

しかし、最近では女性でも薄毛に悩む人が増加しているため「女性用育毛剤」も多く販売されています。

頭皮環境を整えるだけでなく、不足しがちな栄養を外側から補い、抜け毛を防ぎ健やかな髪の毛を育てるサポートをしてくれます。

女性用の商品には、頭皮への優しさの他、エイジングケアや美髪ケアなど嬉しい効果がある育毛剤も多いんですよ。

今回は数多くある女性用育毛剤の中から、特に人気の高いマイナチュレをご紹介します。

容量 120ml/1ヶ月分
価格 定価:5,195円(税抜)
定期:初回980円(税抜)
2回目以降4,557円(税抜)
返金保証 定期のみ180日間

女性が毎日使うからこそ、「無添加処方」にこだわった人気育毛剤です。

薬学博士が監修し、臨床試験データを薬学会で発表するなど、エビデンスもしっかりとしている点も魅力の1つですね。

天然成分27種とアミノ酸10種を配合し、女性特有の抜け毛をしっかり対策してくれます。

また、定期購入の場合は初回980円という破格の価格設定。

さらに、180日間最大6本分の返金保証がついてくる保証の手厚さも、人気を集めるポイントになっているでしょう。

誰の目も気にせず、自宅で効果的に抜け毛対策をしたい方は一度試してみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら

クリニックで治療する

2つ目の対策方法は、クリニックでの治療です。

女性の抜け毛は、原因の項目でもご説明したように、さまざまな要因が重なって起こることがほとんど。

自然に回復することもありますが、素人判断ではなかなか適切な対策が見つからないこともあります。

専門のクリニックであれば、治療開始前にヒアリングや血液検査の上で、適切な治療方法を提案してもらうことができます。

より効果的に抜け毛を対策したいのであれば、専門医の指導の元治療が進められるクリニックがおすすめですね。

最近では女性の頭髪治療に特化したクリニックも多く開院しています。

今回はその中でも人気の高い、東京ビューティークリニックをご紹介。

「女性のためだけに特化した薄毛治療」を、全部で10種類取り扱う女性の頭髪治療専門クリニックです。

内容にもよりますが、月々最安5,000円から開始できる治療もあり、育毛剤と変わらないぐらいの費用で治療を受けることができます。

女性専用クリニック7院の他、全国50ヵ所以上に開院している提携院のAGAスキンクリニックでも同様の治療を受けられますよ。

365日、LINEやWEBで予約をできるだけでなく、電話での髪の毛無料相談も受け付けています。

気になる方はまず無料カウンセリングに行ってみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら

分娩後脱毛症の対策

分娩後脱毛症の場合、上記でご紹介した育毛剤やクリニックでの治療ももちろん効果的に対策ができます。

ただ、育児に忙しいなか育毛剤を使ったりクリニックに通うのは大変…。

そんな方には、洗浄力がマイルドな低刺激シャンプーを使うのもおすすめの対策方法です。

産後はホルモンバランスの変化で頭皮や肌が敏感になっているケースが多くあります。

今まで使っていたシャンプーが合っていない可能性も考えられるため、シャンプーの見直しでも十分に効果が期待できます。

今回は、上記でご紹介した育毛剤と同じシリーズのマイナチュレスカルプシャンプーをご紹介。

容量 200ml/1ヶ月分
価格 定価:3,360円(税抜)+送料750円
定期:2,884円(税抜)
返金保証 14日間

「汚れをきちんと落とす」&「ダメージを抑える」というシンプルな考えの元開発された無添加シャンプーです。

頭皮に優しいアミノ酸系の洗浄成分を使用し、頭皮をケアする8種類のオーガニック成分を配合。

さらに保湿や血行促進、エイジングケアなど28種類もの植物由来成分を使用。

優しいだけではなく、シャンプーで頭皮をケアする贅沢な処方であることも人気を集めています。

トリートメントとセットの定期購入であれば、5,768円の特別価格で購入することもできますよ。

返金保証もありますが、7日間分のトライアルセットも880円(税抜)+送料750円で用意されています。

泡立ちや洗い上がりなどの使用感も高く評価されているシャンプーなので、まずは試してみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら

牽引性脱毛症の対策

牽引性脱毛症で有効な対策方法は、頭皮マッサージです。

原因でも説明したように、牽引性脱毛症は頭皮への強い刺激が原因で血行が悪くなり、抜け毛を増やしています。

そのため、原始的な方法ではありますが、マッサージをして血行を促すことが有効な対策と言えるでしょう。

下記で簡単にマッサージ方法をご紹介しますね。

  1. 10本の指の腹を生え際に沿って置く
    小さく円を描くようにしながら徐々に頭頂部へ移動させるように揉みこむ
  2. 側頭部は耳を覆うように頭皮に指を添える
    親指は耳の後ろ・頭蓋骨と首の境目付近に置き固定
    頭皮を上下に動かすように揉みこみ、徐々に頭頂部へ移動
  3. 頭頂部は頭を抱えるように手を添え中心に頭皮を寄せるように動かす
  4. 後頭部はすべての指を使って前後に動かすように揉む

文字で見ると難しく見えますが、生え際・側頭部・頭頂部・後頭部の4ブロックに分けてほぐすだけです。

女性で、爪が長く上手にできない場合は頭皮ブラシや、もっと簡単にしたいなら頭皮マッサージャー等を利用してもいいでしょう。

ただ、一番の対策はやはり髪の毛を引っ張るような刺激を根本的に排除することです。

普段から分け目や髪形などに注意しつつ、悪くなった血行を頭皮マッサージで改善していきましょう。

男性特有の抜け毛の種類と原因

次は、男性特有の抜け毛の原因についてご紹介します。

男性の場合、抜け毛や薄毛の原因の8割を占めると言われているのが、AGA(男性型脱毛症)です。

AGAとは、男性ホルモンのテストステロンに5α-リダクターゼという酵素が結びつき作られる、DHT(ジヒドロテストステロン)が引き起こす脱毛症。

DHTは、毛根にある男性ホルモン受容体と結びつくと脱毛因子を増加させ、ヘアサイクルを乱し薄毛を進行させてしまうのです。

ではなぜAGAになってしまうのか、その大きな要因となるのは遺伝でしょう。

しかし、遺伝するのはあくまで薄毛になりやすい体質であり、実際AGAになるかどうかは日頃の生活習慣などが関係していると言われています。

また、AGAは進行性の脱毛なので自然に回復することがありません。

AGAの疑いがある場合は、早めに対策を打つことが大切です。

脱毛症状は、生え際や頭頂部のいずれか、または両方に局所的に現れる特徴があるため判断の目安にするといいでしょう。

男性の抜け毛の対策

男性特有の脱毛症であるAGA。

上記でご紹介したように、AGAが進行性の脱毛症であることを考えると早めにしっかり対策をしたいですよね。

ではどのような方法が有効なのか、2つの対策方法をチェックしていきましょう。

AGAに効果的な育毛剤を使う

1つ目の対策方法は、AGAに効果的な育毛剤を使ったセルフケアです。

育毛剤は、医薬品のように強い成分を使っていないので、毎日使っても頭皮や髪の毛に負担がありません。

頭皮環境を整え、ヘアサイクルを正常にして抜け毛を防ぎ髪の毛の成長を促してくれます。

症状が進んでいる場合や、積極的な発毛を希望する場合は育毛剤では物足りないかもしれません。

しかし、AGAを予防したい、初期症状である抜け毛をケアしたいのであれば、育毛剤でも効果的でしょう。

最近では、AGA対策に特化して作られた育毛剤も増えてきています。

今回はその中でも人気の高い育毛剤、チャップアップをご紹介します。

容量 120ml/1ヶ月分
価格 定価:7,400円(税込)+送料660円
定期:7,400円(税込)
返金保証 通常購入の場合:30日間
定期便の場合:無期限

チャップアップは、有効成分3種、天然成分55種とアミノ酸15種類配合と、とにかく配合成分の種類が豊富!

もちろん、その中にはAGAを対策するための8つの植物由来成分も配合されています。

さらに血行を良くするための成分が多く配合されているので、健やかな髪の毛を育て抜け毛を効果的に対策してくれるでしょう。

定期で購入をすれば送料も無料、さらに永久返金保証もついてきます。

自宅でAGAの対策をしたい方は、チャップアップを試してみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら

AGAのクリニックに行く

2つ目の対策は、AGAに特化したクリニックの受診です。

AGA治療に最も効果的とされる治療薬や、最先端のHARG治療などを取り扱い、高い効果が期待できるでしょう。

医薬品である以上副作用などの心配もありますが、専門の医師が症状に合わせて処方をしてくれるので安心感はありますね。

AGAの症状が進行している場合や、高い効果を求める人におすすめです。

最近ではAGA治療についてテレビCMを放映するなど、クリニックも増加中。

今回はその中でも、クリニック数が多いAGAスキンクリニックをご紹介します。

全国主要都市に50ヵ所以上のクリニックを開院しており、スマホを使った遠隔診療にも対応。

内服薬の治療であれば最安1,700円から治療開始できることもあり、通いやすいさ・費用ともに負担が少ないと人気を集めています。

また、服薬治療の他にもメソセラピーや再生医療、植毛など計7種類の治療に対応。

さまざまな選択肢の中から、自分に合った抜け毛対策ができることも魅力の1つですね。

無料カウンセリングも実施しているので、気になる方はまず相談に足を運んでみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら

男女共通の抜け毛の種類と原因

次は、3つ目のパターンである男女共通の抜け毛の種類と原因を紹介していきます。

ここまでご紹介した、男性・女性特有の抜け毛は、ホルモンなどが関係したもので根本的な原因が性別で違いましたね。

しかし、男女共有で抜け毛を引き起こす原因もあるんですよ。

どのような種類の抜け毛があるかチェックしてみましょう。

生活習慣の乱れによる脱毛

男女ともに多いのが、生活習慣の乱れによる抜け毛です。

健康な頭皮や髪の毛を保つには、規則正しい生活習慣を送ることが大前提!

その理由は、髪に必要な栄養は食事から摂る、髪を含む細胞の代謝は睡眠中に行われる等など…。

髪の毛の成長と生活習慣は、密接に関係しているためです。

女性特有のFAGAや男性特有のAGAも、原因こそ違いますが生活習慣の乱れが発症のきっかけになると言われているほど。

具体的にどのような生活習慣が抜け毛に関わっているかは、対策の項目で詳しくご紹介しますね。

円形脱毛症

円形脱毛症とは、10円ハゲとも呼ばれている脱毛症の一種です。

名前のとおり、ある一部分の毛が集中的に抜け円形の脱毛斑が目立つというもの。

単発型や、複数個所に症状が出て繰り返しやすい多発型、頭部全体に症状が出るなど、円形脱毛症の症状もさまざまです。

ハッキリとした原因が解明されておらず、自律神経障害や感染アレルギーなど、さまざまな説が考えられています。

その中でも現時点で有力とされているのが、自分の細胞等を異物と間違えて攻撃してしまう自己免疫疾患です。

円形脱毛症の場合は、毛根が異物として認識され攻撃を受け、健康な髪の毛が急激に抜けてしまうのです。

免疫機能の異常は肉体疲労なども関係しますが、精神的なストレスも大きく影響しています。

粃糠性脱毛症

粃糠性(ひこうせい)脱毛症とは、頭皮全体にフケが増え抜け毛が増加する脱毛症です。

原因としては、頭皮に何かしらの炎症が起きてフケが増加。

灰色っぽい細かいフケが、髪の毛や肩口に多く見られるようになります。

頭皮に炎症が起きている状態なので、フケ以外にもかゆみや赤みなどの症状がみられるのも特徴ですね。

増加したフケが毛穴に詰まり炎症が起き、抜け毛に繋がってしまうのです。

過剰な皮脂によって炎症が生じる「脂漏性脱毛症」と混同されがちですが、粃糠性脱毛症の明確な原因は実は分かっていません。

ただ、頭皮の炎症が悪化すると、粃糠性脱毛症を発症する可能性が高くなることは間違いありません。

生活習慣の乱れや、ストレス、体質などが要因となり、頭皮は炎症を起こしやすくなるので注意が必要です。

男女共通の抜け毛の対策

さて、ここからは男性女性に共通して起こる抜け毛の対策をご紹介していきます。

セルフケアでどうにかなるものもあれば、種類によっては専門的な治療が必要なものもあります。

どのように対策をすれば適切なケアができるのでしょうか。

さっそくチェックしてみましょう。

生活習慣の乱れの対策

生活習慣の乱れは男性女性ともに抜け毛の原因になるとご説明してきましたね。

では、どのような点を注意すれば適切な抜け毛の対策ができるのか。

具体的に注意したい6つの生活習慣を、下記でご紹介していきます。

栄養バランスの良い食生活に変える

まず見直してほしいのが、栄養バランスのとれた食生活を送っているかどうかです。

髪の毛が成長するためには、髪の毛を作るための栄養が必要です。

身体の中で作れるものもありますが、ほとんどの栄養は食事から摂取する必要があります。

そのため、抜け毛などのヘアトラブルを対策するには、髪の毛に必要な栄養がしっかりとれる食生活が大事なのです。

特に下記の栄養は、抜け毛対策には必須となるのでチェックしましょう。

  • 髪の毛の主成分となるタンパク質
  • 髪の毛をつくる上で欠かせない亜鉛
  • 育毛のサポート、頭皮環境を維持するビタミン類(特にB群、C、E等)

これらの栄養は、髪の毛だけではなく血管や臓器、血液などを作るためにも消費されます。

摂取上限が定められている栄養もあり、やみくもに摂取するべきではないですが、不足しないよう毎食意識して食べましょう。

食生活がどうしても乱れがちな方は、サプリメントを活用するのもおすすめですよ。

ダイエットのやり方を見直す

2つ目の対策方法は、無理のないダイエットをすることです。

抜け毛を対策する上で、食事からの栄養摂取が重要となることは分かりましたね。

このことから、過度な食事制限、ある特定の食品だけを偏って食べ続けるダイエットなどは抜け毛を増加させる原因になります。

無理なダイエットを行っている時に抜け毛が増えるのは、特に女性に多いですね。

確かに食べる量を減らせば、体重は落ちるでしょう。

しかし、食事制限系の無理なダイエットは、リバウンドしやすい上にホルモンバランスを崩し髪の毛や肌への負担が大きくなります

せっかく痩せても、髪の毛にツヤがなくなったり薄毛が進行したり、肌質が悪化しては意味がないですよね。

ダイエットのために食事を見直すなら、間食を減らしたり食事を置き換えたりする方法や、サプリの活用もおすすめです。

その他にも、運動やストレッチを組み合わせるなど、無理のない方法を取り入れるようにしてみましょう。

しっかり寝る

生活習慣の中でも食事と同じぐらい重要となるのが、睡眠です。

夜寝ている間は、傷ついた細胞の修復や成長が行われる大切な時間。

その理由は、髪の毛の成長にも関わる「成長ホルモン」が、寝ている間に最も多く分泌されるためです。

髪の毛の成長や頭皮の健康維持にも、もちろん成長ホルモンが関わっています。

この成長ホルモンは、入眠後3時間の間に最も多く分泌されます。

そのため睡眠時間が不足し、深い眠りの時間が足りなくなると、成長ホルモンの量も少なくなり髪の成長の妨げとなるのです。

睡眠時間は最低でも6時間は確保。

また深い眠りを得るために、寝る前はスマホやテレビなど刺激となるものは避け入眠の準備をするようにしましょう。

目の疲れを癒やす

4つ目の抜け毛対策は、目の疲れをケアすること。

目が疲れているという事は、イコール目の周りの筋肉が凝っているということ。

眼球周りの筋肉が凝り固まってしまうと、近い場所にある頭皮にも血行不良等の悪影響を及ぼします

また、目の疲れが蓄積すると「眼精疲労」となり、眼球周りだけでなく肩や首の凝りにも繋がり血行不良を招きます。

スマホやパソコンが昔以上に身近なものである現代人は、どうしても目が疲れがち。

時間がある時は、蒸しタオルを目の乗せて温める。

定期的に目薬を差して目をケアしてあげるなど、少し意識してみることをおすすめします。

タバコを控える・禁煙する

5つ目のポイントは、タバコはできれば禁煙もしくは本数を減らすことです。

身体にとって悪い影響があることは周知のとおりですが、喫煙は抜け毛を増加させる一因にもなるのです。

  • 血管を収縮させ、頭皮の血行を悪くする
  • 活性酸素が増加し頭皮の老化が進行する
  • ビタミン類が破壊・消費され育毛の妨げとなる

挙げられるだけでこれだけの悪影響が考えられます。

また、タバコの量が多くニコチン依存症になっている場合には、喫煙できない状態になると強いストレスを感じることに。

ストレスは睡眠の質を悪くしたり、自律神経を乱したりするなど、薄毛を悪化させる要因にもなりえます。

喫煙だけが原因になるとは考えにくいですが、抜け毛を増やす1つの要因であることは間違いないでしょう。

出来る限り本数を減らす、できることなら禁煙も視野にいれることをおすすめします。

お酒は飲みすぎない

最後に注意したいのが、お酒は飲みすぎないというポイントです。

タバコとは異なり、お酒は適量であれば血行を促したりストレスを解消したりするなど、育毛にいい影響もあるものです。

しかし、量が多すぎればお酒も髪の毛の成長の妨げとなります。

アルコールを分解する肝臓は、食事から摂取した栄養を吸収する器官でもあります。

そのため、大量にお酒を飲んで肝臓がアルコール分解にエネルギーを使ってしまうと、髪に必要な栄養が不足してしまうのです。

また、アルコール分解時にでるアセトアルデヒドは、AGAの原因になるDHTを増やしてしまうと言われています。

適量には個人差がありますが、ビールであれば500ml缶1本、日本酒は1合程が厚労省の定める目安です。

週に2日以上は休肝日を設けることも忘れずに、適度に楽しむようにしましょう。

円形脱毛症の対策

円形脱毛症の一番の対策方法は、ストレスを溜めこまないことです。

原因の項目でも説明したとおり、強いストレスは円形脱毛症を発症する要因となるもの。

どれだけ育毛剤などで外側から対策をしたとしても、精神的な負担を取り除かなければなかなか改善しないでしょう。

そのためには、日々自分でストレスケアをすることも大切です。

しかし、単発型の場合はセルフケアで改善することも多いと言いますが、自己判断だけで済ませるはおすすめできません。

そこで、まずは正しくケアをするために、皮膚科や心療内科を受診することをおすすめします。

ネットで探してみると、円形脱毛症の治療が得意な病院も見つかりますよ。

心療内科に行くことに抵抗がある方は、まずは皮膚科に相談してみるといいでしょう。

粃糠性脱毛症の対策

原因の項目でもご紹介しましたが、粃糠性脱毛症は頭皮の炎症がきっかけで起こる抜け毛です。

そのため、対策をするには頭皮に余計な刺激を与えないことが大切!

簡単な対策の1つとしては、シャンプー方法の見直しをすることがおすすめです。

低刺激シャンプーを使うことはもちろんですが、誤った洗髪方法では頭皮に負担がかかります。

フケが多くなる粃糠性脱毛症の場合、フケを落とそうと強めに洗う人も多く、それが余計にフケを増やす要因になることも…。

この機会に洗髪方法を見直してみましょう。

  1. シャンプー前にはブラッシングをして余計なフケや汚れを落とす
  2. 38度前後に設定したシャワーでしっかり予洗い
  3. 手のひらで泡立てたシャンプーを乗せ、指の腹で頭皮を揉みこむように洗う
  4. 泡が残らないようしっかりすすぐ
  5. 洗髪後は自然乾燥ではなくドライヤーを使う

セルフケアの対策も重要ですが、フケが過剰に出るほど頭皮が炎症し荒れている状態です。

症状を落ち着かせるためにも、粃糠性脱毛症の可能性がある場合は皮膚科での治療も検討しましょう

まとめ

いかがでしたか?

髪の毛が抜けることは日常的にあるので、ついつい見過ごしがちですよね。

しかし、抜け毛が増えれば増えるほど不安は募っていくもの。

今回ご紹介した抜け毛の原因の中には、日常的にケアすれば改善するものもあれば、病院での治療が必要なものもあります。

まずは自分の抜け毛がどのような種類のものか見当をつけてみましょう。

もちろん、自己判断では正確なことは分からないので、不安な場合は病院の受診もおすすめです。

いずれにせよ、抜け毛は放置すると悪化する恐れもあるので、気になった時に早めに対策をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です