ハゲの初期症状を見逃さないためにできることって?

ハゲの初期の症状を見分けるには?

最近、なんだか抜け毛が増えてきた気がする…。

みんなの視線が、なぜだか頭部に集まりがち…。

そんな経験をしてはいませんか?

じつは、それがハゲの始まりかもしれません。

気づかないうちに進行しがちなハゲですが、必ずどこかで初期症状は表れているはずです。

ハゲの初期症状に気づけるかどうかが、今後の薄毛治療を簡単にするか過酷にするかの分かれ目になる可能性があります!

ハゲの初期症状とはいったいどのようなものなのか、今回はこのテーマについて解説します。

ハゲの初期症状には何タイプある?

まず最初に、ハゲのタイプについてご紹介します。

ハゲと一言で言っても、人により症状はさまざまです。

ただし、タイプ自体は次の3つに大別されます。

  • 頭頂部から薄くなる(O字型タイプ)
  • 額の生え際から薄くなる(M字型タイプ)
  • 前頂部から薄くなる(U字型タイプ)

まずは、自分がこの中のどれに当てはまるのかを知ることが大切です。

では、それぞれのタイプの特徴をご紹介します。

頭頂部から薄くなる(O字型タイプ)

1つ目のタイプは、頭頂部から薄くなる、いわゆるO字ハゲのタイプです。

頭頂部からどんどんハゲてしまうため、自分では気づきにくいという難点があります。

明らかに抜け毛が増えているにも関わらず、パッと見はハゲている症状がない場合はこのタイプかもしれません。

初期症状は「つむじあたりがやや薄くなってきたかな?」程度です。

しかし、症状が進んでいくとつむじ部分の頭皮が明らかに見えるようになります。

額の生え際から薄くなる(M字型タイプ)

2つ目のタイプは、額の生え際から薄くなっていくM字型タイプについてです。

額の左右の生え際が後退し、それがMの字に似ていることからM字ハゲとも言われます。

鏡を見たときに自分でも見えるため、初期の時点で気づきやすいタイプです。

M字ハゲは10代の男性にも起こる可能性があるため、若いからと油断してはいけません。

生え際の後退に気づいたら、ハゲの初期症状の可能性を考えて対処しましょう。

前頂部から薄くなる(U字型タイプ)

3つ目のタイプは、前頭部から薄くなるU字型タイプです。

前頭部から後ろに向かって薄くなった部分がU字に見えるため、U字ハゲとも言われます。

U字ハゲは、O字ハゲとM字ハゲの両方が発症している状態です。

ご紹介した3つのタイプの中でも、U字ハゲは特に治療の時間がかかる症状です。

初期症状に気づいたら、早めに薄毛改善に取り組んでいきましょう。

ハゲの初期症状を見逃さないためにできることとは?

ハゲの種類と症状をご紹介しました。

続いて、これらの症状をなるべく初期の時点で気づくためのポイントをご紹介します。

日常でできるポイントは、以下の3つです。

  1. 毎日抜け毛をチェックをする
  2. 薄毛の進行の様子を撮影する
  3. 薄毛を少しでも感じたらクリニックへ行く

では、それぞれどの程度の症状を目安としたら良いのか、詳しく解説します。

毎日抜け毛をチェックをする

まず最初のポイントは、毎日の抜け毛のチェックです。

朝起きたら枕に付いている抜け毛を、入浴時には手についた毛や排水溝に詰まっている抜け毛の量を見てみましょう。

排水溝に流れてしまってわからない方は、シールやシリコンタイプのフィルターを取り付けましょう。

フィルターが髪の毛をキャッチしてくれるため掃除がしやすく、抜け毛の量も一目瞭然です。

それ以外にも掃除の時に、床に落ちている抜け毛の量が増えていないかどうかも見てみましょう。

抜け毛の本数

抜け毛をチェックする際に気にすべきは、抜け毛の本数と状態です。

抜け毛も問題があるものもあれば、問題がないものもあります。

抜け毛の量が100本程度であれば、健康な髪の毛でも普通に抜ける量なので問題ありません。

しかし、これが300本以上抜けているようであればハゲの初期症状であると考えられます。

1日を通して、300本以上の抜け毛が生えている場合にはハゲ対策を進めていきましょう。

抜け毛の状態

抜け毛全体では本数がポイントですが、抜け毛1本1本の状態も薄毛チェックのポイントとなります。

抜け毛が太く、ハリやコシがある状態であれば健康的なものの可能性が高いでしょう。

反対に、髪が細く、ハリやコシがない場合にはハゲの初期症状の可能性があります。

続いて、抜け毛の先に付いている毛根もチェックのポイントです。

毛根部分が丸く白い場合は、健康的な抜け毛です。

一方、毛根部分が黒ずんでいたり、毛根に丸みがなかったり毛が生えている場合にはハゲの初期症状かもしれません。

薄毛の進行の様子を撮影する

抜け毛の状態をみてハゲの初期症状に気づけたら、次は薄毛の経過を記録していきましょう。

自分自身や家族など、毎日顔を合わせる人はわずかな変化には気づきにくいものです。

そのため、どちらも気づいたときにはハゲ症状がだいぶ進行してしまっている場合があります。

そうならないために、客観的に症状が見えるよう写真で進行の様子を撮影しておきましょう。

薄毛を少しでも感じたらクリニックへ行く

もし、前頭部や頭頂部の薄毛に気づけたらクリニックに行ってみましょう。

クリニックでは、適切なAGA治療薬の処方を受けることができます。

なかでもお勧めのクリニックが、AGAヘアクリニックです。

AGAヘアクリニックでは、初診・再診・医療相談料が無料です。

とりあえず薄毛の相談だけしたい、と言う方にもAGAヘアクリニックはおすすめです。

相談時に薄毛の進行を撮影したものを持っていくと、医師への説明がしやすくなりますよ。

ハゲの初期症状が見られたらすべきこととは?

ここまででご紹介したようなハゲの初期症状が見られたら、普段の生活でも対策をしていきましょう。

対策方法は、以下の4つです。

  • 育毛剤を使用する
  • 発毛剤を服用する
  • 育毛シャンプーで洗髪する
  • 生活習慣を改善する

では、これらの対策方法について詳しく解説します。

育毛剤を使用する

まずは、育毛剤を使用したハゲ対策です。

ハゲの初期症状が起きている方は、頭皮に炎症やかゆみなどの頭皮トラブルが起きている場合も少なくありません。

健康的な髪の毛を生やすためには、清潔な頭皮が大切です。

育毛剤には主に頭皮の環境を整える成分と、髪の毛の成長を促す成分が配合されています。

直接的に髪の毛を生やす効果はありませんが、まだ初期の段階であれば薄毛の改善効果も期待できます。

おすすめの育毛剤をいくつかご紹介するので、ぜひこちらもご参考ください。

プランテルEX

最初にご紹介する育毛剤は、プランテルEXです。

プランテルEXには、高濃度のリデンシルが配合されています。

リデンシルには、髪の毛の成長を促す幹細胞を活性化させる効果が期待できます。

一説によると発毛剤のミノキシジルの2倍の効果があるとして、注目を浴びている新成分です。

リデンシル以外にも、ペブプロミンαという薄毛の原因物質を阻害する効果が期待できる成分も配合されています。

>> 公式サイト

チャップアップ

続いてご紹介するチャップアップは、常に育毛剤のランキング上位を獲得しています。

その人気の秘密は、育毛剤業界で最大級の成分配合量と高い安全性です。

配合されている成分は、全部でなんと83種類

多くが天然由来成分のため、副作用の危険性がほとんどありません。

また、香料・着色料・パラベンなど7つの添加物が無添加でできています。

その安全性の高さから、20代から60代の方はもちろん、10代(高校生以上)でも使用が可能です。

>> 公式サイト

フィンジア

最後にご紹介するおすすめ育毛剤は、フィンジアです。

フィンジアに配合されている成分の中でも注目したいのが、キャピキシルピディオキシジルです。

キャピキシルには、髪の毛の成長に必要不可欠な毛母細胞の細胞を修復する効果が期待できます。

そして、ピディオキシジルには、髪の毛のサイクル(ヘアサイクル)を整える効果があると言われています。

ヘアサイクルが乱れると、髪の毛の成長が滞り、薄毛が進行してしまいます。

フィンジアには、ヘアサイクルを整えつつ、髪の毛の成長を促す効果が期待できるのです。

>> 公式サイト

発毛剤を服用する

育毛剤はあくまで現在生えている髪の毛を強くし、生えやすい頭皮環境に整えるものです。

初期症状の薄毛には効果的ですが、ハゲが進行している場合にはあまり意味をなさない可能性があります。

もし、すでに症状が進んでいるのであれば発毛剤の使用がおすすめです。

発毛剤は、新しい髪の毛を生やすための効果が期待できます。

市販で購入できる発毛剤の中でもおすすめなのが、スカルプD メディカルミノキ5です。

スカルプD メディカルミノキ5には、AGA治療薬にも用いられるミノキシジルが配合されています。

ミノキシジルには、頭皮の血行を促進し発毛を促す作用があります。

育毛シャンプーで洗髪する

育毛剤や発毛剤以外で、薄毛改善の効果が期待できるものといえば育毛シャンプーがあります。

育毛シャンプーは、頭皮の汚れを適度に落とし、皮脂バランスを整える効果が期待できます。

育毛シャンプーを選ぶときには、アミノ酸系の洗浄成分を使用しているものがおすすめです。

アミノ酸系洗浄成分は、洗浄力がマイルドかつ汚れをしっかり落としてくれます。

肌が弱い人でも頭皮が荒れにくく、毎日のケアでも安心です。

生活習慣を改善する

育毛剤や発毛剤、育毛シャンプーは積極的に薄毛治療を行いたい方に適しています。

一方、薄毛がまだ初期の状態で抜け毛がやや増えた程度であれば、生活習慣を見直すだけでも薄毛予防ができるかもしれません。

また、育毛剤などを使用していても、生活習慣が乱れていてはハゲがどんどん進行してしまいます。

では、どのような生活習慣を心がければ良いのか、詳しくご紹介します。

食生活を見直す

まずは、髪の毛の成長にかかせない栄養素を摂るために、食生活を見直しましょう。

髪の毛の成長にとって、とくに必要な栄養素はビタミンミネラルタンパク質の3種類です。

しかし、極端なダイエットをしている方や偏食の方は、食事の栄養バランスが偏りがちです。

肉や野菜、炭水化物など幅広い食材を積極的に摂るように意識しましょう。

睡眠を十分に取る

続いて大切なポイントが、睡眠を十分にとることです。

睡眠時には、髪の毛の成長に大事な成長ホルモンが分泌されます。

睡眠が不足すると、この成長ホルモンの分泌が滞ってしまいます。

また、睡眠時間だけではなく、良質な睡眠を取ることも大切です。

良質な睡眠をとるためには、寝る前のパソコンやスマートフォンの使用を控えましょう。

有酸素運動を定期的に行う

最後に、適度な運動を取りましょう。

運動をすることにより、体内の血行を良くし、髪の毛まで栄養素がしっかりと届くようになります。

また、適度な運度はストレスの解消にもなります。

ストレスはハゲと密接に関係しているため、溜め込まずに発散することが大切です。

ちょっとした散歩やジョギングなど、有酸素運動がおすすめです。

まとめ

今回は、ハゲの初期症状と対処方法についてご紹介しました。

ハゲは初期の状態であればあるほど、改善が容易になります。

自分のハゲ症状に気づいたときが、薄毛治療に取り組むタイミングです。

まだ初期症状が起きていない状態の人ももちろん、生活習慣に気をつけて過ごしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です