AGAの遠隔診療ができる時代!通院いらずでOK!?

AGAの遠隔診療ができるって本当なの!?

遠隔診療」という言葉を聞いたことはありますか?

これはスマートフォンやパソコンなど、インターネットを使っておこなう診察のこと。

近年ではAGA専門クリニックでも、この遠隔診療を導入している場所が増えてきました。

しかし、遠隔診療とはいったいどんなものなのか、不安をお持ちの方もいるかと思います。

そこで今回は、遠隔診療のメリット・デメリット、導入しているクリニックについてまとめました。

AGA治療を検討している方は、必見です!

AGAの遠隔診療って?

今回はAGA専門クリニックの遠隔診療についてご紹介します。

AGA治療は、内服薬や外用薬を使った、治療薬による治療が一般的です。

通院する場合には、直接頭皮の状態を診てもらい、適した治療薬を処方してもらいます。

しかし、仕事の都合などで通院が難しい方もいるでしょう。

そして、中には気恥ずかしさから通院しづらいと思われる方もいます。

そんなとき、場所を選ばず、他人と会わずに診察をうけることができるのが、AGAの遠隔診療なのです。

AGAの遠隔診療の大まかな流れ!

では、AGAの遠隔診療は実際にどのような流れで受けるのでしょうか?

大まかな流れとしては、以下のとおりです。

  1. 申し込み
  2. 初回は来院
  3. 薬の処方・会計・発送
  4. 遠隔診療アプリのダウンロード
  5. テレビ電話で診察&カウンセリング
  6. アプリから薬の購入・発送

見ていただくと分かるとおり、最初の診察時には来院する必要があります。

しかし、一度病院で診察を受ければ、次からは通院の必要がありません。

それぞれの流れについて、以下で詳しく解説します。

申し込み

まずは、これから遠隔診療を受ける予定の病院に診察を申し込みましょう。

多くのクリニックは、公式サイトに遠隔診療申し込みフォームがあるので、そちらを利用しましょう。

申し込みフォームは、クリニックによって通常の診療と遠隔診療専用と分かれている場合があります。

記入場所を間違えないように注意しましょう。

また、クリニックによっては電話で申し込む場合があるので、公式サイトをよくチェックしましょう。

初回は来院

申し込み後、日時が確定したら、その日時に来院しましょう。

多くのクリニックは予約が必要なため、確定日時以外には受診不可なので注意しましょう。

遠隔診療でも初回は来院しなくていけない理由は、血液検査にあります。

今後、治療薬で副作用が起きる危険性がないか知るために血液検査をおこないます。

これは遠隔診療、通常の診療どちらでも実施されます。

薬の処方・会計・発送

血液検査の結果と、頭皮の状態を確認したうえで、その人に適した薬が処方されます。

薬は30日分で処方されることが多いでしょう。

AGA治療においては、医療保険は適用されません

そのため、AGA治療薬はクリニックごとに価格設定が異なります。

一般的な内科などの治療費に比べて、AGA治療はどうしても高額になりがちです。

クリニック選びの際には、治療費用を比較しておくことをおすすめします。

遠隔診療アプリのダウンロード

初回の来院が無事に終われば、いよいよ遠隔診療が受けられるようになります。

遠隔診療を受けるための下準備として、遠隔診療アプリをダウンロードしましょう。

遠隔診療アプリにも、さまざまな種類があり、中にはクレジットカードの登録が必要なものもあります。

クレジットカードを持っていない場合には、Skypeなどで診療可能なクリニックもありますよ。

どれをダウンロードしたら良いのかわからない場合は、クリニックの公式サイトを見てみましょう。

テレビ電話で診察&カウンセリング

遠隔診療アプリをダウンロードできたら、アプリで再診の予約をとりましょう。

予約した日時になったら、テレビ電話で診察とカウンセリングを受けます。

テレビ電話で医師との問診をおこない、内服薬使用後の体調や頭皮の状況を伝えます。

薬の使用に不安がある場合は、このときに伝えましょう。

さらに、頭皮の状態を映して、診察してもらいます。

頭皮の状態などを確認して、治療のアドバイスや薬の処方がおこなわれます。

アプリから薬の購入・発送

アプリで遠隔診療をおこなっている場合は、クレジットカード決済で支払いが可能です。

クレジットカードをお持ちでない場合には、銀行振り込みなどで支払いをします。

支払いが確定すると、クリニックから薬が発送されます。

自宅に届いた薬を使用して、AGA治療を継続していきましょう。

今後はこの繰り返しで、AGAの経過に合わせて、医師からの処方を受けていきます。

AGA治療は遠隔診療でも対応できるの?

AGA治療の遠隔診療について、流れはお分かりいただけたと思います。

とはいえ、本当にテレビ電話だけでAGAの治療ができるのか心配になる方もいるでしょう。

しかし、AGA専門クリニックの医師は、さまざまな症例を扱っているプロです。

遠隔診療でも髪の毛や頭皮の状態を診て、治療に適した薬を処方することが可能です。

通院は難しくても、AGAの治療は諦めたくない方は、遠隔診療がおすすめですよ。

AGA遠隔診療のメリットとデメリット

ここまでは、AGA遠隔診療の申し込み方法と、大まかな流れについてご紹介しました。

遠隔診療の方法を知って、この方法を取り入れてみたいと思われた方もいるのではないでしょうか?

しかし、遠隔診療にはメリットだけでなく、デメリットも存在します。

場合によっては、遠隔診療が受けられない可能性もあります。

ここからは、メリットとデメリットについて詳しく解説します。

メリット

まずは、AGA遠隔診療のメリットをご紹介します。

メリットとしては、以下の3つが挙げられます。

  1. 毎回通院しなくて済む
  2. こまめに経過を見てもらえる
  3. 手軽に少しの時間で診察してもらえる

ここまでご紹介した内容の、再確認でもありますね。

AGA遠隔診療にまだ不安がある方もいらっしゃると思います。

メリットがその不安を超えるものなのかどうか、読んで考えてみてくださいね。

毎回通院しなくて済む

AGA遠隔診療のメリットは、なんといっても通院が必要ないことでしょう。

初回だけは通院しなくてはなりませんが、以降はテレビ電話で診察が可能です。

自宅ですぐに診察をしてもらい、薬も自宅で受け取れます。

通院の場合と違い、交通費がかからず、病院へ行くまでの所要時間もありません。

プライベートの時間を通院時間にかけずに済み、交通費も浮かすことができますね。

こまめに経過を見てもらえる

通院の場合、仕事やプライベートの都合が合わず、診察に行けなくなってしまうこともあります。

処方されている薬が切れても、診察に行けないと処方が受けられず、継続的な治療ができません。

しかし、遠隔診療であればそのような心配がありません。

ちょっとした隙間時間や、出かける時間の前後にもさっと遠隔診療を受けることができます。

遠隔診療が受けられれば、薬を処方してもらうことができるので、薬を切らす心配もありませんよ。

手軽に少しの時間で診察してもらえる

通院の場合には、診察時間の目安が1時間程度となっています。

さらに、病院まで行く時間や支度する時間を考えると、合計で半日くらいかかってしまうことも。

しかし、遠隔診療であれば10~20分で診察が可能です。

仕事の休憩時間や出先であっても、テレビ電話さえできれば診察してもらうことができるのです。

なるべく診察に時間を使いたくない方にも、遠隔診療はおすすめです!

デメリット

続いて、AGA遠隔診療のデメリットについてです。

ここまでたくさんのメリットをご紹介しましたが、遠隔診療にもデメリットは存在します

それが以下の3つです。

  1. 初回は来院しなくてはいけない
  2. 投薬治療しか受けられない
  3. 未成年は利用できない

初回の来院については、先ほど簡単にご説明しました。

その他、2点に関してはここで初めて知った方も多いでしょう。

では、それぞれのデメリットについて詳しく解説します。

初回は来院しなくてはいけない

前述したとおり、遠隔診療であっても初回は来院が必要です。

なぜなら、治療するにあたって血液検査が必要なためです。

血液検査は、今後治療薬を安全に使用するために必要な検査となります。

どうしても通院できない理由があれば、自己検査キットを郵送してもらえる場合もあります。

しかし、多くの場合は初回来院が必要となります。

そのため、遠隔診療であっても、来院ができる場所にあるクリニックの予約をおすすめします。

投薬治療しか受けられない

AGA治療で、投薬治療以外を検討している方は、残念ながら遠隔診療は受けられません。

なぜなら、遠隔診療でできる治療方法は、薬の処方に限られるためです。

たとえば、植毛やHARG治療、育毛メソセラピーを受ける場合は、通院が必要となります。

遠隔診療でAGA治療薬の処方を受けていても、今後治療方法が変わる場合には通院となるのです。

通院が難しいことから遠隔診療を受けている場合には、注意が必要です。

未成年は利用できない

10代という若さでも、AGAに悩んでいる方はいます。

もちろん、未成年者でもAGAクリニックを受診することは可能です。

ただし、その場合には原則として通院する必要があります

また、親権者もしくは未成年後見人による同意書が必要となります。

このような理由から、未成年者は遠隔診療を受けることができませんのでご注意ください。

AGAの遠隔診療を行なっているクリニックって?

AGAの遠隔診療の方法や、メリット・デメリットについては以上です。

では、AGA遠隔診療をおこなっているのは、どのクリニックなのでしょうか?

近年では、遠隔診療をおこなっているAGA専門クリニックが増えてきています。

その中でも、おすすめのクリニックを5つご紹介します。

気になるクリニックがあれば、公式サイトもチェックしてみてくださいね。

銀座総合美容クリニック

まず1つ目にご紹介するのが、銀座総合美容クリニックです。

こちらは東京都港区新橋にある、AGA・薄毛専門クリニックです。

クリニックは新橋の1院しかないため、通院が難しい人も多いかと思います。

そこで、銀座総合美容クリニックでは、専用アプリ「銀クリAPK」にて遠隔診療を実施しています。

ただし、使用できるのはすでに通院していて、医師から遠隔診療の許可を受けた場合のみとなります。

銀座総合美容クリニックによる遠隔診療では、1ヶ月あたりの内服薬が処方されます。

内服薬の価格は、7,020~18,900円です。

一人ひとりのAGAの進行状態に合わせて治療するため、治療薬の処方内容や価格も異なります。

AGAスキンクリニック

2つ目にご紹介するのが、全国展開の専門クリニック、AGAスキンクリニックです。

AGAスキンクリニックでは、23時までの深夜診療も行っているので、初回の来院時にも助かりますね。

そんなAGAスキンクリニックの治療費用は、内服薬1ヶ月分で3,400~22,000円です。

開きがありますが、これはAGAスキンクリニックのオリジナル内服薬が存在しているためです。

治療方法の分類は治療薬ですので、遠隔診療でも処方してもらうことができますよ。

AGAスキンクリニックの遠隔診療は、専用アプリの「curon」を使います。

クレジットカードがない場合には、FaceTimeやGoogleハングアウト、Skypeでも診察可能です。

AGAヘアクリニック

3つ目にご紹介するAGAヘアクリニックは、W杯で活躍した長友選手がイメージキャラクターを務めています。

AGAヘアクリニックの遠隔診療アプリは「AHCトータルサポートアプリ」です。

初回来院以降は、こちらから予約と問診票の記入を行います。

カウンセリングだけであれば、診察料は無料です。

治療経過以外にも不安なことや、質問があれば遠隔診療を予約しましょう。

治療薬の価格は、3,000~13,000円(サプリメント価格含む)です。

また、治療薬の配送料として本州・四国540円、北海道・沖縄・九州・離島地域756円が別途かかります。

湘南美容外科クリニック

4つ目にご紹介するのは、湘南美容外科クリニックです。

こちらは美容整形や、女性向けのイメージが強いクリニックしれません。

しかし、実はこちらでもAGAの遠隔診療が可能です。

湘南美容外科クリニックの遠隔診療アプリは「アイメッド」です。

公式サイトにQRコードがあるので、そちらをご利用ください。

アカウントとクレジットカードの登録をすれば、初回来院以降は遠隔診療が受けられます。

治療薬の価格は、1ヶ月分で3,000~19,800円です。

1ヶ月分以外にも、3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月など、まとめてお得に購入するセットもありますよ。

渋谷三丁目クリニック

最後にご紹介するのが、渋谷三丁目クリニックです。

こちらは、男性向けの病院で、AGAだけでなくED治療も受け付けています。

遠隔診療につかうアプリは「CLINICS」です。

予約時には、AGAとED治療で予約料が異なるので注意しましょう。

費用は、予約料540円と治療薬1ヶ月分4,000~9,500円です。

また、内服薬のほかに外用薬のアロビックスもあり、こちらは1本1,200円で処方されます。

遠隔診療の場合、支払いはクレジットカードのみとなりますのでご注意ください。

まとめ

今回は、遠隔診療を行っているAGAクリニックについてご紹介しました。

遠隔診療にはさまざまなメリットがありました。

しかし、その一方でデメリットも存在しています。

自分に合った治療方法があるのか、遠隔診療が可能なのかどうか事前に調べておくことが大切です、

上手に遠隔診療を利用して、AGA治療に取り組んでいきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です