AGAの4つの特徴を解説|気になる対処法を一緒に紹介

AGAの特徴について詳しく解説

薄毛に悩んでいる方にはお馴染みのワードであるAGA。

そもそもAGAとは一体何を示すのか、そしてどのような特徴があるのか皆さんはご存知でしょうか。

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略称であり、日本語では「男性型脱毛症」と称します。

30代〜40代程の男性に、多く発症するのが特徴です。

若い方だと、10代後半から20代半ばくらいの方にも近年では症例が多くなっています。

自分はもしかしたらAGAかも?と気になっている方にも、分りやすくAGAの特徴についてご紹介していきます。

AGAの特徴①部分的に脱毛する

AGAの特長の1つとして挙げられるのが、人によって脱毛の仕方が異なるという点です。

鏡で毎日自分の顔と向き合っていると、頭頂部や生え際など、以前よりボリュームが無くなってきたと感じて、薄毛治療と向き合う人がほとんどではないでしょうか。

脱毛の特徴は人それぞれですが、大きく分けて脱毛タイプの特徴は以下の3つに分けられます。

生え際(M字ハゲ)

脱毛を感じる男性の中で最も多いのが生え際から脱毛する、いわゆるM字ハゲの方です。

前髪が短い方は普段から生え際のラインが見えるため、M字ハゲがわかりやすいですよね。

前髪が長い方も、いざ髪をかきあげてみると前髪が平行に生え揃っていないM字ハゲの方も意外と多いです。

元々、頭皮の額付近は、ほかの部分に比べて血管が細く、かつ少ない特徴があります。

様々な影響により額部分の血管が詰まってしまうと、それに伴い頭皮が徐々に固くなり、健康な髪の発育を妨げます。

頭頂部(つむじハゲ)

生え際の次に多いのは、頭頂部から脱毛するのが特徴である、いわゆるつむじハゲの方です。

軽度なつむじハゲは、自分では以外と気づきにくいのが特徴です。

しかし、ふと頭を下げた際に頭皮が一部分だけ脱毛していると、相手の目線はついついそちらへ向いてしまいます。

年配の方にはよく見受けられますが、若年の方で頭頂部から脱毛してしまうと一気に老け込んだ印象を相手に与えてしまいます。

生え際と頭頂部の両方

どちらか一方であれば一時的に隠すことも可能です。

しかし、両方となると隠すのもなかなか困難になってしまいますよね。

中には、前述のM字ハゲとつむじハゲの両方を、同時進行で発症してしまうことがあるのもAGAの特徴です。

脱毛が進行していくと、生え際の後退部分と頭頂部の脱毛部分が徐々に繋がっていき、大きな脱毛へと繋がってしまいます。

AGAの特徴②原因がたくさんある

脱毛の仕方が異なる点について紹介してきましたが、AGAの特徴として他にも様々な原因が存在することをご存知でしょうか。

よく耳にする原因の1つとして遺伝的などが挙げられますが、それも原因の1つとされています。

しかし、ここで皆さんにお伝えしたいのは、全ての方に遺伝的な要因が当てはまる訳ではありません。

他にも、自身が普段生活する上で、AGAの原因を作ってしまっているケースが多く存在します。

男性ホルモン(DHT)の増加

まず最初にお伝えしたいAGAの原因の1つは男性ホルモン、すなわちDHTの増加による影響です。

男性ホルモンである「ステストロテン」と、還元酵素である「5αリダクターゼ」という物質が結びつくことによってジヒストロテン(DHT)が生成されます。

このDHTがヘアサイクルを乱すことでAGAが起きてしまいます。

一方で、男性ホルモンには体にとって重要な役割も果たしております。

筋肉量の増加や健康増進、また、日々の生活を送る上でのやる気やモチベーションの向上などの効果を発揮します。

脱毛を意識しすぎて極端に男性ホルモンの分泌を抑制してしまうと、男性としての魅力も損なってしまう恐れがありますのでご注意ください。

生活習慣の乱れ

食生活において、カップ麺やコンビニなどのお惣菜を日常的によく摂取されている方は要注意です。

これらの食品には高カロリーのものが多く、添加物が多く含まれています。

高カロリーな食事は皮脂を過剰に分泌し、髪の毛穴を詰まりやすくする要因にも繋がります。

添加物は摂りすぎると、本来髪の毛に届けられる栄養素の吸収を阻害してしまう場合があり、結果としてAGAの進行を早めてしまう恐れがあります。

また、日々の生活で運動の習慣がない方も、適度な運動習慣を取り入れましょう。

身体の代謝を上げ、髪に栄養が行き届きやすい環境を作ることが大切です。

間違ったシャンプー方法

基本的には毎日の習慣であるシャンプーですが、その洗い方について皆さんは何か意識していますでしょうか。

爪を立てて洗ったり、シャンプーの洗い残しがあると頭皮を痛めてしまい、抜け毛の要因を増やしてしまう恐れもあります。

最近では、育毛効果の期待できるシャンプーも増えてきております。

しかし、洗い方を間違っていれば、せっかく含まれている有効成分もうまく作用しない場合もあります。

ストレス

ストレスを溜め込んでしまうことは、自律神経の乱れに繋がります。

自律神経が乱れると血液の循環調整がうまく機能せず、頭皮の血行を悪くしてしまいます。

ストレスを感じるのは仕方ない事かもしれませんが、そのストレスを発散する方法を自分の中で決めておくことが重要です。

自分に合った発散方法を見つけましょう。

AGAの特徴③進行性の脱毛症

風邪などで咳や鼻水などの症状が現れた際には、何も対処をしなくても身体の免疫力が作用します。

免疫力により、体内のウイルスを撃退してくれる特徴があるため、症状の改善に繋がる場合があります。

しかし、AGAの場合は何も対処をせずに放っておいて、突然症状がなくなることはありません。

微々たる量でも、少しずつ毛髪数は減少してしまのが特徴です。

AGA治療薬の服用や生活習慣の改善などをすることで、初めてAGAの状況改善に繋がります。

AGAの特徴④完全には治らない

前述でAGAは進行性であることと、対処をすることで状況の改善に繋がることはご説明いたしました。

しかし、AGAを完全に治すことは、残念ながらできません。

これは人間の特徴の一つであり、性質上仕方のないことです。

身体が大きく成長する10代前後は、髪も体と同じように成長サイクルも整っており、毛髪量も多い段階です。

しかし、身体機能が減少傾向になる30代〜40代ほどになると、10代と同じ髪の成長サイクルを保つのは困難になってきます。

年齢を重ねるごとに髪量が減ってしまうことを理解した上で、どのようにAGAの進行を遅らせていくかが重要です。

AGAの特徴に当てはまった人がやるべき対処

自分がAGAだと診断されている人、あるいはAGAの特徴に当てはまると自分で自覚がある方。

今後どのような対処をしていくことで、毛髪環境を改善していくことができるのでしょうか。

クリニックへ行き医師へ相談するのが的確ですが、まずは身近なところですぐに実践できるAGAの対処方法をご紹介していきます。

生活習慣を改善する

規則正しい生活を思い浮かべると、良質な睡眠や健康的な食生活、また運動習慣などを挙げることができます。

AGAで悩んでいる人の特徴の一つとして、何かしらの生活習慣の乱れが生じている場合があります。

AGAの方の特徴を踏まえ、特に下記の生活習慣を改善するのが大事になります。

食生活

まずは食生活についてですが、髪の毛のことを考えると、たんぱく質ビタミン類の栄養素をしっかりと摂取することが重要です。

髪の毛の特徴として、主成分はタンパク質です。

食材では卵や肉類などに多く含まれている栄養素です。

ビタミン類は髪の毛を健康に保つ効果や、髪に栄養を送るための血管に作用する特徴があります。

食材ではビタミンAが豊富なレバーや、ビタミンB群が多く含まれるナッツ類などです。

また髪の毛だけでなく、肌も綺麗に保つ効果のあるビタミンCは、レモンやアセロラに多く含まれます。

野菜ではピーマンやブロッコリーなどに多く含まれています。

睡眠

睡眠時間は、人それぞれ生活の特徴によって確保できる時間が様々かと思います。

最低でも6時間以上、理想としては8時間程度の睡眠時間が確保できるのがベストといえます。

それ以上の睡眠時間になってしまうと、逆に身体に倦怠感が残ってしまうこともありますのでご注意ください。

また、時間帯としては成長ホルモンが最も多く出る22時〜2時の時間帯には入眠するよう心がけましょう

そうすることで髪の成長を健康的に促す結果に繋がります。

睡眠時間が短かったり夜更かしをしてしまうと、髪へ与える直接的な影響だけでなく、身体の内側から影響を受けてしまうことにも繋がってしまいます。

運動

なぜ運動がAGA改善に繋がるのか、それは運動をすることで身体の代謝を上げて血行を良くすることが狙いです。

無理をしない程度で、習慣的に続けることが重要です。

ダンベルや腹筋などの無酸素運動よりは、ジョギング、ランニングなどの有酸素運動が良いです。

有酸素運動は血行促進に有効なのが特徴です。

体内にたくさんの酸素を取り入れ血液を循環させることで、結果として頭の血管の血液循環にも良い影響を与えます。

毎日でなくても週に2、3回程度、まずは短い時間から始めてみましょう。

結果的にストレス解消にもつながるので、一石二鳥といえますね。

シャンプー方法を見直す

頭皮の油分をさっぱり洗い流したいという思いから、1度に大量のシャンプーを使っている方は要注意です。

シャンプーが多いと、洗った直後はさっぱりとした印象を受けるかもしれません。

その反面、頭皮が乾燥しすぎてしまい、フケやかゆみの原因に繋がる場合もあります。

また、必要な皮脂を洗い流してしまうと、それを補うために必要以上の皮脂が分泌されてしまい、かえって毛穴を皮脂で詰まらせてしまう恐れもあります。

シャンプーの量が多すぎると、すすぎ残しなどが発生しやすくなるため、適量を心がけましょう。

また、洗う際には指の腹で頭皮をマッサージするイメージで洗います。

くれぐれも爪を立てて頭皮を傷つけないように注意しましょう。

難しい方はシリコンの頭皮ケアブラシなどでシャンプーするのもオススメです。

特徴的な形をしているものが多く、頭皮を心地よくマッサージしてくれます。

ストレスを発散する

定番のものでは、スポーツをするなど身体を動かす発散方法があります。

元々身体を動かすことが好きな方にはもちろんですが、普段身体を動かす機会があまりないデスクワークの方などにもオススメです。

また、普段から身体を動かす職業の方は、ゆったりとお湯に浸かったり、マッサージを受けたり、図書館へ行くなど静的な発散方法がオススメです。

その他には、普段とは変わった環境へ出かけたり、美味しいものを食べたりなど、自分に良い刺激を与えることがストレス発散には効果的です。

日常生活の特徴を踏まえて様々な方法を試し、自分が一番リラックスできると感じる方法を見つけてみましょう。

育毛剤を使う

今では、成人男性のおよそ3人に1人が薄毛や脱毛の悩みを抱えている時代といわれています。

そして、10代後半や20代など若年層でも多く発症しているのがAGAの特徴です。

若くして育毛剤を使っている方はたくさんいます。

育毛剤を調べたことのある方はご存知かもしれませんが、値段も種類も幅広く存在します。

いざ購入しようとなると、どの商品を買っていいのか悩んでしまいますよね。

初めて育毛剤を使われる方にオススメしたいのが「チャップアップ」です。

2018年現在日本で売上No.1の育毛剤であり、その育毛効果はたくさんの方が実感しています。

使い方は1日1回乾いた髪に使用し、頭皮全体にマッサージをするようなイメージでなじませます。

シャンプー後や入浴後の髪を乾かした状態で使用すると、頭皮の毛穴も開いた状態で汚れも綺麗に落ちているので液剤が浸透しやすくなっています。

チャップアップは返金保証も付いているので、初めての方でも気軽に試せる1本となっております。

一度ホームページをご確認の上、使用を検討してみてはいかがでしょうか?

公式サイトはこちら→

クリニックに行く

老若男女問わず、様々な患者さんが集まるクリニックでAGA治療をするのは、少し恥ずかしい気持ちもありますよね。

そんな方にオススメしたいのが、AGA治療を専門的に行なっているクリニックです。

AGA専門のクリニックでは男性専門のクリニックが多く、スタッフも男性のみであったりと利用する方の気持ちを第一に万全の体制が整っているのが特徴です。

AGA専門のクリニックとしてオススメしたいのが、「AGAヘアクリニック」です。

毛髪の現状維持や発毛実感、より効果的な発毛を目指したい方など、1人1人の目的にあった治療を提供しております。

治療費はお手頃な5500円のコースから、より発展的な18000円のコースなど、自分にあったコースを選べるのが特徴です。

最大でも月々3,1000円までの範囲で治療を受けることができます。

治療薬についても豊富な種類を用意しており、体質にあった治療薬を提供していただけるのが特徴です。

また、診察は無料となっております。

クリニックへ足を運べない方の、テレビ電話での治療も無料で受けられます。

気になる方は、自身の症状を理解するためにも、気軽に受診してみてはいかがでしょうか。

公式サイトはこちら→

まとめ!

いかがでしたでしょうか。AGAについてなんとなく理解している自覚はあっても、人によってその症状の特徴や改善方法は異なります。

インターネットや知人から得た知識や特徴が、必ずしも自分にも当てはまるとは限りません。

確実な方法としてはクリニックなどで専門の医師からカウンセリングを受け、自身の毛髪環境を理解することが重要です。

毛髪環境を良い方向へ改善して行くことが、明日からのあなたの明るい未来へと繋げることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です