AGAの治療にかかる期間はどれくらい?5つの治療期間を紹介!

AGA治療で効果が出るまでの期間が気になる!

髪のヘアサイクルに直接関係しているため、完治にもかなりの時間を要するとされるAGAの治療期間。

生活習慣の改善や育毛剤の使用、専門クリニックでの治療など治療法もさまざまですが、それぞれにどれくらいの時間がかかるのか気になりませんか?

もちろんAGAの状態や個人差もありますので、費やす期間は目安に過ぎません。

ですが治療期間を知ることで治療法の選択肢も広がりますし、モチベーションも変わるはず。

AGAの有名な治療法をいくつか比較し、治るまでの期間や特徴について説明していきたいと思います。

これから説明するAGA治療の期間に関する注意点

AGA治療を行えば、全員が全員髪の毛がフサフサの状態に戻るのかというと、残念ながらそうとは限りません。

治療のスタート時期によっても大きく異なりますし、そもそもこうした治療には個人差があるため、皆が求める結果に辿りつけるわけではないからです。

今回はあくまで「治療の効果」に着目。症状の完治ではなく、「育毛・発毛効果が実感できるまで」にかかる期間を治療期間として設定したいと思います。

これからAGA対策を考えている人は是非こちらを参考に、今後の治療に役立ててくださいね!

AGA治療にかかる期間まとめ【5選】

育毛剤の種類やクリニックの方針によっても、大きく異なるAGA治療の期間

金銭面や施術法なども含め、個人によって大きく好みが分かれてくる部分でもあります。

また数ある治療法の中で、一般的に期間が短いとされる治療法はどれなのかも気になるところですよね。

納得して治療に取り組むためにも、まずは症状に合った今の自分にベストなものを選択すること。

どうしても自分一人で決めるのが難しければ、専門のクリニックで医師と相談しながら考えるのもオススメです。

1.育毛剤の場合

いざ育毛剤対策をスタートするとなると、誰もが過剰な期待を抱きがちになるものです。

ですが育毛剤は基本的に今ある髪の毛に働きかけ、頭皮の状態を改善することによって抜け毛や薄毛を予防する作用をもつ商品のこと。

つまりあくまで外部からのアプローチに限られ、効果を実感するには一定以上の期間が必要です。

そもそも長年かけて弱った頭皮を、数週間や数か月で蘇らせようと思う方が無理な話。

すぐに効果が現れなくても、少なくとも半年以上は気長に待ちましょう。

育毛剤を始めたことによって頭皮に少しでも良い変化が現れたら、それは育毛剤が効き始めているという何よりの証拠。

毎日欠かさず使用を続け、良い習慣を定着化させたいですね。

2.AGA治療薬の場合

AGA治療目的で専門のクリニックに通う場合、医師と相談の上、AGA治療薬の処方を受けるのが一般的です。

研究が進んでいる近年は有効な成分も続々発見されていますが、多く使用されている治療薬の一つが、有効成分「フィナステリド」を含んだプロペシア

ですがこの薬に即効性はなく、毎日錠剤型の内服薬を飲み続けると三か月~一年ほどでやっと効果が実感できるほどにまで回復します。

AGAを発症させるホルモンの生成に影響を与える「5αーリダクターゼ」の働きを阻害、発毛を促進する作用を持つプロペシア。

個人差があるため数年服用を続けて初めて効果を感じた人もいるほどなので、最低でも半年は諦めず治療を続けること

遅効性の薬だということを意識して取り組めば、少しはストレスも和らぎそうですね。

3.自毛植毛の場合

比較的古い歴史を持つ、AGA治療法の一つ「自毛植毛」

自分の髪の毛を使うということで全体的に自然な仕上がりになりますし、何より移植した髪の毛がそのまま成長し続けてくれるのが魅力。

ですが毛根ごと移植した髪の毛が頭皮に定着するまで、ある程度の期間がかかります。

目安として1~2週間は経過観察を続ける必要があります。

この期間は定着や傷の治りを早めるため、できるだけ安静にしておいた方が良いでしょう。

また密度が足りない場合、1度きりでは施術が終わらず2~3度繰り返さなければならないこともあります。

育毛剤やAGA治療薬などと比べて、100万円以上の費用が発生することもある高額な治療法なので、医師と相談、納得した上で挑みたいですね。

4.育毛メソセラピーの場合

本来美容外科などで脂肪を溶解する目的で使われていた手法を、AGA治療にも応用したのが「育毛メソセラピー」

方法としては注射器などで頭皮の気になる箇所に直接有効成分を注入、発毛や育毛を促すというもの。

注入する有効成分はクリニックによって異なりますが、主になるのは「成長因子(グロースファクター)」と呼ばれる成分です。

それを注入することで毛乳頭や毛包の働きを細胞レベルで活性化させ、弱ってしまった発毛機能を蘇らせるというわけですね。

育毛メソセラピーは最初の1~2か月は1~2週間ごとに施術を繰り返し、最低でも半年程度の期間が必要。

費用も全額自己負担の保険適用外となりますので、最初の確認を忘れないようにしましょう。

5.HARG療法の場合

HARG治療法は最先端のAGA治療法として、近年注目を集めている治療法。

成長因子を含むHARGカクテルを直接頭皮に注入することで、幹細胞を強力に活性化。

頭皮は成長因子を自ずから分泌し続けるようになり、高い発毛効果が期待できるというわけです。

その発毛率は90%以上とも言われており、副作用が少ないこともポイントの一つ。

早い人なら3回目頃から効果が実感できるので、少なくとも3か月ほどの期間は頑張って治療に通い続けたいですね。

完全に発毛機能を失ってしまった毛根には効果が弱いので、抜け毛が気になり始めた頃に施術をスタートするのが理想的

臨床例がまだまだ少ない治療法ですが、今後も注目度の高い治療法であること間違いなしです。

AGAの治療機関からわかること

優れたAGA治療法は年々開発されてはいるものの、やはりその治療にはある程度の期間が必要。

種類にもよりますが、一般的には最低でも3か月~半年ほどの期間をみておく方が良さそうです。

となると当然心配なのが費用面

例えば育毛剤でも1本数千円のものを数か月使い続けるとなると、費用はかさんでしまいますよね。

ましてや専門のクリニックで高度な治療を受けるとなると、総額はその比ではありません。

保険適用外の治療も多いため、治療を完全に終了するまでには数百万円が必要な治療も珍しくはないということですね。

表面的な額にとらわれず、長い目で見た時に費用と治療期間とのバランスをきちんと把握しておくことは、治療を始めるにあたっての基本。

疑問点は医師やスタッフにどんどん尋ねるようにしましょう。

まとめ

本格的な治療をスタートしたら、一刻も早く目に見える効果が欲しいと誰もが思うもの。

しかしそもそもAGAとはヘアサイクルの根本に影響を及ぼしている症状で、一長一短で起こるものではありません。

ということはその治療にも期間がかかるのは当然ですし、気長にアプローチしていく必要があるわけです。

また長期になればなるほど、大きくなるのが費用面の心配。

額面のみにとらわれるのではなく、治療にかかる期間も頭に入れた上で治療法を検討するようにしたいですね。

自分に合った治療法を見極め、まず毎日それを続けることが、結局はAGA治療の近道となるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です